リゴの小冒険 その3

川って、ふしぎだ。
水なのに動いてる。
水なのに地面にしみこまない。
水なのに生きてる。

川にそって山のほうに行けば行くほど、足の下にある石はどんどんおおきくなっていった。
お日さまは空のてっぺんと地面の真ん中まできてた。
ぼくたちはあせをたくさんかきながら、のぼっていった。
リゴ 「冒険って、とってもつかれるね。」
エアロに話しかけたけど、返事してくれなかった。とってもつかれてるみたい。

そして、ついにぼくたちはみた。
川のはじまり。

リゴ 「うわぁ…」
エアロ「すごい。」
へとへとだったはずなのに、エアロがしゃべった。とってもきれいだったから。
水が、地面からどんどんあふれてた。
そのまわりがちっちゃい池になってて、そこからあふれた水がぼくたちの来たほうへ流れていってた。
リゴ 「なんか…なんかわかんないけど、ここが川のはじまりなんだよ!」
エアロ「うん、すっごいよ!あふれて流れてるよ!」
たしかにエアロのいったとおり、川は上から下に落ちてたんだ。でも、その言葉じゃわからないことが、ぼくたちにはわかった。
水があふれて、川になるんだ。
ぼくとエアロは、そこらじゅうをはしゃぎまわった。だって、ぼくたちは冒険をしたからだ。
かんがえて、さがして、見つける。それだけでのことが、こんなに楽しいだなんておもわなかった!
ぼくたちはここで食料をたべて帰ることにした。
エアロ「あのわきでてる水、のめるのかな?」
ぼくたちはあせをいっぱいかいたから、のどがかわいてた。
ちょっとこわいから、二人でいっせいに飲むことにした。
ちっちゃい池の水は、つめたくてきもちよかった。

「せーのーでっ!」
二人でいっせいに、わいてる水を手ですくって飲んだ。
それは今まで飲んだどんな飲み物よりもおいしかった。
「川のはじまりっておいしいんだ!」
リゴ 「エアロたいちょー、だいはっけんであります!」
エアロ「リゴたいちょー、ぼくもだいはっけんであります!」
そう言いおわってから、二人で水をかけあった。

???「そこにいるのは誰だ!?」

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー