リゴの小冒険 その2

ぼくたちは川にそって山のほうへあるいていった。
エアロの言ったことがうそかどうか確かめようと思ったから。
エアロ「けっこう遠そうだね。」
リゴ 「うん。」
エアロ「山のてっぺんまで行くとしたら、おなか空くだろうなぁ…。」
そう言うのを待ってたんだ。ぼくはエアロにわざとらしく笑ってみせた。
リゴ 「ふっふっふ、エアロたいちょーよくぞ気づいた。そんな事もあろうかと、じゃじゃーん!」
ぼくは鞄の中をエアロに見せてあげた。
エアロ「うわあ!食料だあ!でかしたぞ、リゴたいちょー!」
リゴ 「こんな事もあろうかとお菓子をいっぱい買っておいたのさ。」
たいちょーと呼ばれて、元気いっぱいになった僕らは、僕らの大好きな絵本『デドン隊長の冒険』のデドンたいちょーを気どって歩き続けた。
エアロ「リゴたいちょー、あの岩があやしいであります!」
リゴ 「ひるむなエアロたいちょー、勇気と元気できりぬけるんだ!とつげーき!」

二人で遊びながら歩いていくと、どんどんぼくたちの家が小さくなっていった。
お日さまがあたまの上まできていた。もうお昼だ。
ぼくたちは食料をたべて一休み。
クッキーとかをいくつかたべた。
エアロ「リゴたいちょー、食料せつやくのため、ごはんをやめるであります。」
リゴ 「うん、そうしよう。」
なんかしらないけど、川がキラキラ光ってきれいだった。
こんなこと思ったの初めてかも。
エアロ「リゴはさぁ、川がうえからしたに落ちてるんじゃないと思ってるんでしょ?」
リゴ 「うん。」
エアロ「じゃあなんだと思ってるの?」
リゴ 「よくわからないけど…だれかに聞いて、それで分かったふりして、得意げになってみんなに話すでしょ。いつもみんなそればっかりで、ぼくは面白くなくなっちゃったんだ。」
エアロ「でも、みんなが言ったことを全部調べようとしたら、こんなふうに疲れちゃうよ。」
リゴ 「ぼくらがしたい『冒険』って、そういうことを調べることじゃないの?」
エアロ「?」
リゴ 「デドンたいちょーだって、みんなが恐がってたアクマを倒しにいったんだよ。みんな恐いって知ってたのに、デドンたいちょーはアクマを倒しに行ったんだよ。 ぼくは、そういうのが冒険だと思うんだ。」
エアロ「…行こう。おとなになったら出来ないかも知れないから、冒険をしよう!よくわからないけど、冒険って、見つける事なんだ!」
リゴ 「うん、行こう!エアロ!」

ぼくはこんなことを言うのははじめてだった。へんなやつだと思われたくなかったから。でも、エアロはわかってくれた。
ぼくと、エアロは、ともだちなんだな。

ぼくたちは、デドンたいちょーみたいに、川のはじまりへむかった。

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー