モトレーは湧き出た水をがぶがぶ飲んだ後、木陰に倒れこんだ。
そう、彼はラーメンが食べたかったのだ。荒れきった大地に潤いを取り戻したい訳ではなかった。
モトレーは腹が減っていた。
モトレー「…歩くか。」
まだ生えたばかりの草を踏みしめ、歩いていった。
そして、ある事に気がついた。なんと、モトレーが緑を溢れさせたのは半径100メートルだけだったのだ。
そしてモトレーは叫んだ。

モトレー「こんなもの、全て砕け散ってしまえー!」

その刹那、地球がひっくり返った!いや、モトレーが転んだのだ!


しかし、希望を捨ててはいけない…モトレーの手には一握りのラーメンが現れたのだから…

もはやモトレーは希望そのものだった。

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー