「おかやまー!次はおかやまー!」
「え?岡山なん?」
「not岡山!butおかやま!」
「あ、ああ…おかやまね。」
「うん、おかまやねん。」

↑パッと見自然だが、おかま。

モトレーは叫ばずにはいられなかった。
「俺にも出番くれよ!」

しかし、彼の長かった刑は終わった。
そう、すでに5年の月日が経った。色々な仲間と出会い、苦楽を共にした。そんなモトレーがほしかった物は、出番だった。

「そんなに気を落とすなよ。」
ケルビン・べコーンがモトレーの肩をぽんと叩いた。
「そうだ、明日があるだろ。」
ジョンジ・ワントシンもモトレーを気遣った。しかしモトレーの落胆は半端ではなかった。
もはや琵琶湖をしのぐほどの量の涙を流していた。

「明日はねぇんだ!俺は知ってる!俺の話の連載が終わるとき、それすなわち俺の放置の刑が終わる時なんだよ!」

モトレーは作者の心情を知り尽くしていた。僕がこの話を今回で適当に終わらせようとしているのを、彼の意味不明な能力(もしかしたら新手のスタンド使いかもしれない)で察知していたのだ。
僕は頭を悩ませた。モトレーは実にナイスガイだから、ネタとして捨てるのは惜しい…。

そうだ、こうしよう。

「いったい何の話だ?」
ケルビンは顔をしかめた。すると、風がざわめいた。3人を放置の刑から開放するヘリが飛んできたのだ。
もう終わり、終わりなのだ。モトレーは覚悟を決め、立ち上がった。

「もう…終わりなんだな。」
モトレーはまっすぐにヘリを見据えた。
「そうだね、長かったよ。」
ジョンジの視線も、ヘリを捕らえていた。今、3人はヘリを見上げて感傷に浸っているのだ。
モトレーは意を決した。これが自分の最後の言葉になるのだと。
「みんな、言いそびれたんだが。」
2人はモトレーを振り向いた。ヘリはもうすぐ彼らの近くに来る。
「俺の名は。」

「モトレー・クールだ!」

そう彼が言い放った瞬間、ヘリが大爆発!まさに爆発炎上だ!
火柱が3人の元に舞い降りた!

もうだめだと思った刹那、奇跡が起きた!
なんと、3人は火星人の秘密基地にワープしたのだ!

「こ、ここはどこだ?」
「オー、ワタシチキュウゴワカリマセーン。」
「なんてこった、火星か…。」


モトレーの奇跡の力は、作者の考えた結末すら曲げた!
もはやモトレーは新手のスタンド使いだ!
次回、全然行き先を考えてない『スペーストラベル編』がスタート!

いったい僕はどうしたらいいんだ!
このモトレーめ!
「まぁ、それもありだろ。」

作者の心に、夕凪が訪れた。

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー