よもぎ号に乗って。


僕は今、よもぎ号という名の寝台列車に乗っている。
食堂車で飯を食っていて、気分は上々だ。
飯はうまい、景色もいい。たまには飛行機じゃなくこういうゆっくりした移動もいいものだ。

車窓からはきれいな銀世界を望むことができた。そろそろ寝台車に戻って一眠りしようと思った矢先、向かいの椅子に2人の人が腰掛けた。
一人はいかにも英国紳士気取り、といったふうな服装の男。ステッキの置き場所に困っている。
もう一人は女の子、自分の身長と同じぐらいの大きさの人形を腕にかかえている。

そして英国紳士気取りが僕に話しかけた。
英国男「そこのあなた、私の懐中時計をしりませんか?」
僕は思わず吹き出しそうになった。英国紳士に懐中時計、まさにこいつは英国紳士気取りだと感じたからだ。
僕「しりません。」
なるべくそっけなく答えた。早く寝台車に戻りたかったからだ。
女の子「私の。」
僕「え?」 女の子「ちがうの、あの時計は私のものなの。」
言っている意味がよく飲み込めなかった。
英国男「ああ、そうだったね。ごめんよ。」

そしてよもぎ号は変形した。

僕&英国男&女の子「なぜっ!」
よもぎ号「それが俺のライフスタイル。」

なんと、あろう事かよもぎ号が変形しだした!

女の子「早く逃げないとぺしゃんこになってしまうわ!」
僕は納得し(なぜか納得できた)、窓からの脱出を試みた。しかしどうした事だろう、窓は全く開こうとしない。

僕「うおー!」
妻のさより「うおーじゃないわよ!」
僕「えっ?」
そこで初めて、それが夢だと気がついた。どうやら相当うなされていたらしく、寝汗をびっしょりかいていた。

さより「あなた朝ごはんは?」
僕「いらん、列車で食う。」
そう、僕はこれから『よもぎ号』という列車で北海道まで出張に行くのだ。
僕はわくわくしていた。なんせ寝台列車などに乗るのは生まれて初めてだからだ。
そう、乗ってる間もわくわくしていた。

食堂車で、英国紳士風の男と、大きな人形を持った女の子が向かいに座るまでは…。

目次

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー