=海を愛した少年=


海に囲まれた南の島に暮らしている少年がいた。
少年はおじいちゃんと2人暮らしで、海の見える家に住んでいた。
少年は海を愛していた。毎日海に潜り、魚と戯れ、イルカに乗った。

しかし、ある日少年は衝撃の事実に気づく。

なんと、少年が毎日食べていたおじいちゃんの料理は、全部魚料理だったのだ。
少年はおじいちゃんが料理をしているところを見てしまったのだ。

少年はばらばらにさばかれた友達の姿を見て、吐き気をもよおした。
そして胃の中のものをすべて吐き出し、白目をむいて倒れてしまった。

数日後、少年は病院のベッドの上で目を覚ました。
少年はショックのあまり記憶喪失になっていた。

そして夕方になった。
少年のもとに食べ物が運ばれてきた。
魚料理だった。

少年は記憶を失っていて腹が減っていたので、何の迷いもなく魚料理を食べた。

その後も少年は魚料理をもりもりと食べ、元気になって退院した。


目次

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー