シャッキリーの憂鬱


シャッキリー「ふう…。」
部屋の中に1人でいると、憂鬱になる。それが雨の日だとなおさらだ。
そんなわけでシャッキリーは学習机に向かってため息をついていた。教科書を開いて勉強しようとしたが、5分とたたないうちに落書きに変わっていた。
真っ青な空、太陽、いつもみんなと遊ぶ広場を色鉛筆で画用紙に描いてみた。

雨なんてなくなればいいのに。

そこへ、インターホンのなる音がした。
誰かな?よくわからない大人だったら「親は今でかけてます」って言おう。

玄関のドアをあけると、僕の友達スデメアがびしょぬれで立っていた。
「やっ、シャッキリー。」
「どうしたの?」
「遊ぼうよ!」
そう言うと同時に、ぬれた手で僕を外に引っぱった。
空から落ちてくる雨粒に打たれて、僕はスデメアと同じぐらいびしょぬれになった。

そしたら、なんだかおかしくなった。

そうか、僕が嫌いなのは雨じゃない、一人ぼっちだ。

それからはスデメアと一緒にそこらじゅうをかけまわった。水溜りにおもいっきり飛び込んだりした。


雨っていいね。


目次

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー