セクシー旅行記

ある所に「セクシー。」が口癖の男が居た。
ある日男は決意した。
「よし、旅に出よう。セクシー。」
男は旅に出た。
そしてある町についた。
とても田舎くさい町だった。
いもにーちゃん、いもねーちゃんしかいない。
男(仮に名前をブルボンとする)は町の名前を知りたかったので、とおりかかったいもねーちゃんに話しかけた。
「もしもし、ここは何ていう名前の町ですか?セクシー。」
「メージ町ですけど。…今あたしの事セクシーって言った!?」
「え、いや、これは口癖で。セクシー。」
「うれしい!生まれてから一度もそんな事言われたこと無かったのに!」
「あ、あの?セクシー。」
「ありがとう!自信がついたわ!さあ仕事に逝行かなくっちゃ!張り切るわよー!」
活気を得たいもねーちゃんは猛ダッシュでどこかへ消えていった。
「…。セクシー。」
もはやブルボンの口癖は病気のようなもので、語尾に必ずくっついていた。
立ち止まっていても始まらないのでブルボンは宿を探す事にした。
しばらく歩くと、町の中心部あたりについた。
と、ブルボンの服のそでを引っ張る男が現れた。
「金くれ。」
男はホームレスだった。
「す、すみません。今急いでるんで。セクシー。」
「…い、今なんて言った?」
「別に何も…。セクシー。」
「セクシーか…懐かしい響きだ。かつては俺もセクシーガイとしてもてはやされたもんだ。」
「あの、袖をはなして下さい。セクシー。」
「おお、心に染み渡るぜ!ありがとうよあんちゃん、俺もう一度人生頑張ってみるよ。」
元セクシーガイは袖をはなすと、どこかへ消えていった。
「…。セクシー。」
途中変な人に会いながらも(そのたびにセクシーで対応)、ブルボンは宿に着いた。
するといかにも無愛想な感じのおばさんがカウンターに立っている。
「ふう…いらっしゃい。泊まりかい?」
「はい。一泊いくらですか?セクシー。」 「一泊2000セイカーよ。………え?」
「どうかしました?セクシー。」
「あらやだぁ!こんなおばさん褒めたって何も出ないわよー!」
「いや、その。セクシー。」
「またまたぁー。でも嬉しいから半額にまけてあげるわ!」
「いいんですか?セクシー。」
「やだやだちょっと、これは晩御飯もサービスしないとね!今日はステーキね!」
ブルボンは『これ以上喋ったらどんなサービスをされるかわからない』と思い口を閉じた。
その後ブルボンはメージ町の人達に好かれ、しばらくその宿に滞在する事に。
彼のセクシートークは町の皆を元気付け、田舎くさい町はしだいに活気があふれ
町から市になり、ブルボンは市長に任命される。
活気がありながらどこか温かみのあるメージ市は、次第に観光客が訪れるようになり、セクシーまんじゅう、セクシーカステラ、セクシー名所などがどんどん登場。
セクシーガイという謎のスターも登場した。
ついにはブルボンの銅像まで建った。
メージ市はついにサーンジ国の首都に指定される。
と、この後ブルボンは行方をくらます。
しかし、メージ市には今もブルボンの意志が受け継がれ、語尾にセクシーをつける人も少なくない。
「というお話。はいおしまい。」
というと、女性は絵本を閉じた。
「おもしろかった!またよんでー!」
「はいはい。また読んであげるから今日はもう寝なさい。」
女性は子供に布団をかけると、子供が寝たのを確認し、電気を消して寝室を出た。
「スガはもう寝たかい?…。」
「ええ、あの絵本を読んであげるとすぐ眠るの。」
「なんだか恥ずかしいな。…セクシー。」
「あ。あなた、まだクセが抜けないの?」
「疲れてるとたまに出るんだよ。セクシー。」
「そうとう疲れてるみたいね。」
「ああ。セ…。」
「今日はもう寝ましょうか?」
「そうしたほうがいいな。セクシー。」
「フフフ、また言った。」
あの時町のみんなにセクシーって言って回ってるのみて、私やきもちやいたっけな。」
「何を言ってるんだよ。メージ町について一番最初に話し掛けたのはお前なんだぞ?あの町で一番最初にセクシーを聞いたのは君だったじゃないか。セクシー。」
「そんなの解ってる。もう昔の話ね。」
ガラガラ…
「ママー、怖い夢みたぁ。」
「あらあら、どんな夢をみたの?」
「セクシーガイっていうおじちゃんにお金とられそうになる夢。おっかけられて怖かった。」
「じゃあ、3人で一緒に寝るか。」
「仕方ないわね、そうしましょ。」
「わーい。」
その日3人は川の字になって寝たとさ。
めでたしめでたし。

もどる

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー