「お前たちがここに閉じ込められたわけがわかるか?」

「さあな、料理されてお前の晩飯にでもなるのか?」

トレジャーハンターが軽口を叩いた。

「ふん、威勢が良いな。まあその威勢は今後必要になるからとっておけ。」

意味不明な返答に、トレジャーハンターは黙っているしかできなかった。

「何でもいいからここから出してください。早く白湯が飲みたいです。」
「はっはっは、むしろ私はお前たちに『ここから出てもらう』ために入れたんだ。」
「え?」

「出てもらうために入れるって…話がおかしいじゃないか。」
実演男は反論した。
「まあまあ、全てを理解したければ俺の話を最後まで聞け。」

「いいか、お前ら3人は運悪く『落ちの無い小話』の主人公にさせられてしまった人間だ。
このままではいいかげんな結末で終わらせられるか、作者に忘却されて終わりだ。
どちらにせよ微妙なキャラのままで終わってしまうのだ、嫌だろう?

そこでお前たちにチャンスを与える!
残り3日のうちに自分の物語のオチを考えろ。そうすれば元の場所に戻してやる。
ただし、それがつまらないものだったら
お前らはさっきの『落ち無しおじさんに殴られて気絶』が落ちとなり、永遠に
ここで暮らしてもらう。

以上だ。」

言うだけ言うと、落ち無しおじさんは踵を返して去っていった。


「ひ…ひでえ。作者の非力をキャラに押し付けるってのは、いったいどういう了見だよ。」
トレジャーハンターはなすすべなく立ち尽くした。

「お前は冒険物の主人公だろ、落ちなんてどうにでもなるさ。
実演販売員の俺はどうしたらいいんだ。」
実演男はへたりこんだ。

「私は…ただ白湯が好きなだけなのに…。」
白湯好きはただただ、レンガを数え続けた。


こうして落ちの無い物語の主人公の物語が始まった…。

目次

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー