白湯好きが床のレンガの数を数えて暇つぶしをしていると、トレジャーハンターが目を覚ました。

「いってー…んん?ここは?」
「さあ、少なくとも私の部屋じゃないですよ。」
「そうかい…お前どうやってここへ来た?」
「私は『落ち無しおじさん』と名乗る人にボディブローを食らって、気づくとここに居ました。」
「ほー…。もしかしてそいつ、レスラーパンツ一丁だったか?」
「ええ。」
「奇遇だな、俺もそいつに殴られてここに来たんだ。」
「へぇ。」

会話が終わり、白湯好きは再びレンガを数え始めた。
トレジャーハンターはいつもの癖で、部屋に妙な仕掛けがないかと壁をたたき出した。

と、いきなり鉄格子の扉が開いた。

そして七三分けの男が放り込まれると、扉は再び閉じられた。
男のエプロンには『スーパー キムラ』と書かれている。実演男だ。

「…起こすか?」
先に口を開いたのはトレジャーハンターだ。

「どうせまた落ち無しおじさんに連れてこられた人でしょう。起こしても何の得にもなりませんよ。」
「冷ったいやつだなー。」

トレジャーハンターは実演男の肩を軽くゆすった。
「おい、おい。」
「う、うん?」
実演男が目を覚ますと、目の前にインディージョーンズもどきが、横にレンガを数えている人がいた。
起き上がると鉄格子がある。

全く状況を把握できないうちに、聞き覚えのある声が部屋に響いた。

「レディース・エァーンド・ジェントルメァン!落ち無しおじさんだ。」


鉄格子の向こうに落ち無しおじさんが立っていた。

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー