「…っは。」
白湯好きが目を覚ますと、目の前には映画などで見たことがある鉄格子があった。

あたりを見回すと、そこがレンガ造りの牢屋のようなものだという事を悟った。
汚いトイレ、やけにうすっぺらい布団。
あとは見渡す限りのレンガ、レンガ、レンガ、人。

…ん?

同じ部屋の中にもう一人倒れている。カウボーイハットに皮のチョッキ、ぼろぼろのジーンズのベルトには皮の鞭がくくりつけてある。

その時白湯好きの頭に思い浮かんだ言葉は。
「…インディー・ジョーンズ?」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


とあるスーパーの一角に、威勢のいい声がひびいていた。

「ほぉらみてください!この切れ味!これは新技術を元に製造した包丁で…」
この男、20台半ばのフリーター。明るい声とは裏腹に、今の自分に満足していなかった。
このままフリーターを続けていいのだろうか?

『ドカーン!』

その時、スーパーの壁が粉々に吹き飛んだ。

「はっはっは。」
落ち無しおじさんが現われた。

『ドスッ』
「ぞねん!」
実演男は刺身コーナーのフリーザーに叩き込まれ、気絶した。

「はっはっは。」
落ち無しおじさんは実演男をお姫様抱っこし、さっき破壊した壁の奥へ引っ込んでいった。


ありがとう落ち無しおじさん!僕もうなんだかどうでもいいや!

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー