「コイツが…最後の鍵だ!」
ついに彼は財宝の鍵を全てそろえ、扉を開くことに成功したのだ。

「はっはっは。」
そこへ落ち無しおじさんが現われた。

『ドスッ』
「ほろん!」
トレジャーハンターはインカの遺跡の柱に背中から叩きつけられ、気絶した。

「はっはっは。」 落ち無しおじさんはトレジャーハンターのベルトをつかみ、持ち上げた。

そして大森林の中に消えていった。


ありがとう落ち無しおじさん!まだ話が始まってもいないのに終わらせることができた!

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー