モトレー「まいったな。」
モトレーはまいっていた。火星人の秘密基地でクイズ番組に出る羽目になるとは思ってなかったからだ。
第一、火星語で問題が書かれているので問題がまるで読めなかった。唯一の救いは3択問題だということだ。

モトレー「どれだ、どれを押せばいい?」

迷った末、モトレーは叫んだ!

モトレー「ちゃんこ鍋を食わせろ!!!!」

その瞬間、地球人と火星人の心は一つになり、火星に水が溢れ、肥沃な大地が広がった!


クイズ番組会場は、一瞬にして火星人代表と地球人代表の親睦を深める会議場に変わった!

まさにモトレーは暗黒に輝く一つの星だ!

 目次 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー