〜 二五一 〜 02


体全体の神経が恐怖を感じている。この電車はまずい。
恐怖で体が硬直していたが、なんとか後ろに一歩踏み出せた。
すると、俺が上ってきた階段から音がする。
大きめの羽虫が耳のそばを横切るような音だ。
緑色の人型が1人横を通り過ぎた。その人型はさらに歩を進め、電車に乗った。

いや、乗ったんじゃない。電車のドアから先の空間に『転送された』というかなんと言うか、一瞬消えて、逆さになった電車の床の上に現われた。足から徐々にグラデーションするようにだ。

その光景を見て唖然としていた俺の隣を、1人、また1人と緑の人型が通り過ぎてゆく。
振り向くと、今まで1人もいなかったホームに緑の人型がびっしりと整列している。
そしてその人型は次第に波となって電車の入り口に押し寄せた。

やばい!巻き込まれる!
巻き込まれたら電車に乗せられる。それだけは嫌だ。何か嫌な予感がする。
だが、大勢の緑の人型はもはや一つの塊と化していた。
もうだめだ。

俺はなすすべがないと思い、立ち尽くした。緑の人型はこちらが見えていないのか、そのまま向かってくる。

そして、俺をすり抜けていった。
俺の手足を素通りして、どんどん電車の中へ転送されてゆく。
電車が満員になり、ホームには俺1人が残された。

電車はまた、黒い空へと落ちていった。

「…ここはどっか別の世界なのか?」
触れることの出来ない人の大群。つまり俺とは全く異なる法則の元にある物。
そんな物があるとすれば、それはいつもいる空間とは全く別の世界なんじゃないか?
と俺は推測したのだ。

だとすれば…俺はこれからどうすりゃいいんだ?


 目次

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー